東支部の紹介 introduction

支部長就任のご挨拶

 東区民、および東区でお仕事をなさっている皆さん、こんにちは。2017年度から2年間、名古屋税理士会名古屋東支部の支部長を務めることとなりました岩田竜平です。
 当支部は、名古屋市東区内に事務所を持つ260名ほどの税理士個人会員および25社ほどの税理士法人会員で構成され、私たち会員は、税務相談や、法人・個人の申告をはじめとする税務代理等の税理士業務を行っています。
ここでは、支部の活動についてご紹介したいと思います。
 支部には名古屋東税務相談所を設置し、中小企業者に対する税務相談・税務指導を行っています。また一昨年12月には相続税務相談室が開設され、相続税に関する一般的な相談に無料で応じています。
 公益的な活動としては、名古屋東税務連絡協議会の構成員として、無料税務相談をはじめとする税に関する諸行事を担い、税務行政の円滑な運営に寄与しています。また名古屋東租税教育推進協議会の一員として、東区内の小中学校生、高校生、専門学校生および社会人を対象として租税教室を開催し、租税に関する知識や理解を育むための租税教育を行っています。
 このほかには、区民の皆様への情報発信のため、年一回、広報誌「翼」を発行して、支部の活動状況や税に関する話題をお届けしています。また、毎年開催される「なごやかまつり・ひがし」ではブースを出展して、地域の皆様との楽しいひとときを過ごさせて頂いています。

 税理士は、気軽に相談できる暮らしのパートナーとして、税に関する専門知識をフルに活用して皆さんのお役に立てるよう活動しています。どうぞ、お気軽にご相談下さるようお願いいたします。

名古屋税理士会名古屋東支部
支部長 岩田 竜平

電子申告に対する取組

 名古屋税理士会名古屋東支部では、「地域広報を行い、税務知識の普及に努める」との支部運営方針に基づき、平成18年より建中寺境内・公園一帯で開催される東区民まつり(なごやかまつり・ひがし)に「税理士とふれあおう!」をテーマに掲げ、参加をしています。 私ども税理士は、区民まつりを区民の皆様と接し、税理士の存在や税金について知って頂く貴重な場と考えています。
 ブースでは、区民の皆様に税金の仕組み等を理解して頂く一助となればと、子供向けから大人向けまでの税金クイズやじゃんけんを交えた「すごろくゲーム」を行ったり、年1回発行している「翼」の配布をしています。
 さらに、建中寺境内のステージでは、恒例の当名古屋東支部ウクレレ隊(衣浦一番)による演奏を披露し好評を得ています。
 今秋もこの区民まつりに出展を予定しています。我々は、昨年以上に区民の皆様が少しでも税理士の存在や税金について知って頂き、ブースを楽しんで頂けますよう努めて参ります。

活動報告

 

ページの先頭へ