なるほど、税の仕組み

税金とは

   私達の暮らしは、民間の活動によって提供される様々なものやサービスを消費することにより成り立っています。
   しかし、これだけでは生活をしていく上で十分と言えません。道路をつくったり、犯罪をなくしたり、ゴミの始末、教育や老人介護などをしたりと、私達が豊かで健康的な生活を営むためには、これらはなくてはならないものです。これらは民間の活動では難しいため、国や地方公共団体から公共のサービス提供を受けています。こういった公共のサービス提供には多くの費用がかかります。私達みんながこの費用を負担しあっていくのが「税金」です。


国税と地方税

   税金には、「国税」と「地方税」の二種類があります。「国税」は国に納める税金で、「地方税」は地方に納める税金です。また、「地方税」は「都道府県税」と「市区町村税」に分けられます。

国税

・所得税 ・法人税 ・相続税 ・贈与税 ・消費税 ・酒税 ・その他

地方税

都道府県税

・都道府県民税 ・事業税 ・不動産取得税 ・自動車税 ・その他

市区町村税

・市区町村民税 ・固定資産税 ・軽自動車税 ・その他

さらにくわしい内容をお知りになりたい方は、日本税理士連合会ホームページの「やさしい税金教室(PDF版)」をご覧下さい。

日本税理士連合会ホームページ


ページの先頭へ